特集記事

生活介護の中の楽しみを探して

年度の初め、職員の移動や大量の事務仕事など

毎年4月、5月はバタバタしてしまいます。

今年もバタバタ感満載の春でした。


糸工房もくもくのお客様に台湾パイナップルの

差し入れをいただきました。


甘くておいしかったね!!





















さて、本題


前の記事にも書きました。

一人で楽しむスキルがないと不満に繋がる・・

ということ。


一方で、仲間と一緒に楽しめる

コンテンツがあると1日がとても

充実することを先日実感しました。


今は休業中のカフェボードウォーク

(コロナ禍で生活介護の利用者さんが

不特定多数の人と同じ空間で過ごす

ことはできないので休業しています)



カフェのスペースでお茶をするという

楽しみが減ってしまいました。


梅雨前の良いお天気の日に

利用者さん向けに「クレープ屋台」と題して

即席クレープ屋さんを開いてみたところ

とても好評でした。





チョコとイチゴミルクのクレープ




午後はクレープ屋さんというプログラムを

入れただけで、いつもより

行動がサクサク早かったという方も

いたそうです。


青空の下、

(テーブルめっちゃ離れてるけど)

仲間と一緒にカフェタイム・・・

いい笑顔をたくさん見ることができました。





職員の皆さんにもクレープをお味見してもらったところ

とてもおいしいと好評だったので、

今週のお便りにレシピを載せました。










インターネットで「フランス人の作るクレープ」

というのを見つけて作ってみましたよ。

とても簡単でおいしいので、トライしてみてください。

近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事